【酵素ドリンクランキング】健康的に美しく痩せる人気の酵素ドリンク

ファスティングダイエットのやり方

HOME | サイトマップ
お気に入りに追加

ファスティングダイエットをやる前におさえておくべきポイント!

ファスティングダイエットは、「断食」のことですが、

この食生活を「1日だけ」又は、「2日間」又は、「3日間」だけ続けます。

1日断食の場合、2日断食や3日断食と比べると、ダイエット効果やデトックスの効果は少ないです。

ですので、ダイエット目的であれば2日断食か、3日断食を選びましょう。

1日断食をダイエット目的でトライする場合は、置き換えダイエットで毎日過ごしながら、週末に1日断食を挟んであげると効果がアップします。

ファスティングダイエットをする場合におさえておくべきことは、

準備期間⇒断食⇒復食期間 の流れで行うこと。

ファスティングダイエットですが、いきなり3食とも酵素ドリンクにしてファスティングするというのではなく、準備期間からスタートします。

準備期間⇒断食⇒復食期間

この流れが、酵素ドリンクダイエットが成功する・しないに大きく関わってくる重要な工程なので、このそれぞれの期間の過ごし方をきちんとおさえておきましょう!

準備期間

まずはファスティングダイエットのスタート地点、「準備期間」について説明します!

【準備期間の日数】

準備期間の日数ですが、基本的にはファスティング(断食)をする日数分と同じ日数分、もしくはその日数分以上とります。

例えば、3日断食をする場合、準備期間も3日間。もしくは、3日間以上。ということになります。

この期間というのは、消化器官を休ませ消化器官に負担をかけないようし、好転反応(頭痛やだるさなどといったデトックス効果によって起こる反応)を和らげたりするためにも必要です。

ちなみにこの日数に正解はないのですが、この期間が長いほどデトックス効果やダイエット効果が大きくなります。

【準備期間中の食事】

準備期間中は、いままでの食事をストップ。3食とも、野菜や米、豆腐や納豆といったヘルシーな和食中心の食生活にしましょう。このとき『油脂・糖分(上白糖)・小麦粉・肉・乳製品・清涼飲料水・コーヒー・たばこ・アルコール』は一切やめましょう。

  • ま=豆類
  • ご=ごま
  • は=わかめなどの海藻類
  • や=野菜
  • さ=魚
  • し=しいたけなどを始めとしたきのこ類
  • い=いも類

これらの"まごはやさしい"の食材が準備期間にとても適した食材になります。

準備期間中は、この和食などバランスの良い食生活で、普段より食べる量を少なくして、腹6~8分目くらいに留めます。可能ならごはんは白米ではなく、玄米やお粥が良いです。

【準備期間の一日のメニュー例】

  • 朝:白米、納豆、味噌汁(豆腐、わかめ)、ほうれん草のおひたし、季節のフルーツ
  • 昼:ふかしたさつまいも、海藻サラダ、お吸い物
  • 夜:玄米ご飯、野菜の煮物、味噌汁(えのき、たまねぎ)

上記の例のように、"まごはやさしい"食材で準備期間を過ごしましょう。

【※注意※】この準備期間中にやってはいけないのが、「明日から断食だから今のうちたくさん食べておこう!」といってたくさん食べる事です。これだけは絶対にやめましょう。これをやってしまうと、翌日の断食中に、お腹の中に前日食べた物が残っていて消化に酵素が取られてしまい体内酵素が浪費されてしまいますし、消化の作用が働いているためデトックスが始まりません。

ファスティング(断食期間)

準備期間を経たら次はいよいよファスティング(断食)です!

【ファスティング期間】

さきほど準備期間はファスティングをする期間と同じ日数と説明しましたが、ファスティングは「1日断食」、「2日間断食」、「3日間断食」と3つのパターンでの方法がありますが、あなたにあった日数を選んでトライしましょう。

【1日断食】

1日断食はファスティングダイエットで一番簡単にできる方法だと思います。ただ、デトックス効果は少ないです。1日断食の使い方としては、酵素ドリンクで置き換えダイエット生活を送っている方などが調整の為に取り入れる人が多いようです。ファスティングをしようと思っているけどちょっと不安といった方は、まず一日だけ挑戦してみて、そこから慣らしていっても大丈夫です。

★1日断食の方法★

朝、昼、夜の1日の食事を3食とも酵素ドリンクに置き換えます。

もし、どうしても空腹に耐え切れなくなった場合は、酵素ドリンクをおかわりしましょう。2、3杯程度であれば、酵素ドリンク自体カロリーも低いですし、消化に苦労することもないので様子を見ながら飲むようにしてください。

1日断食をトライして、2日目もいけそうだなと思えたら、断食期間を延長して、2日間の断食に入ることもおすすめです。

【2日断食】

2日断食は、準備期間をきちんと取り、2日間の断食をすると体の中の毒素も排出されるのでデトックス効果が得られます。酵素ドリンク以外は食べない日が2日間続くので、お腹の中のものが便として排出され、ぽこっと出ていたお腹がへこむでしょう。ファスティングでダイエットをするなら2日間か3日間のダイエットをおすすめします。

★2日断食の方法★

朝、昼、夜の2日間の食事を3食とも酵素ドリンクに置き換えます。

ファスティングダイエットは、2日目がピーク(辛い)です。酵素ドリンクだけの食生活なので「おなか空いてきつい・・;」と思う方も出てくると思います。そんなときは、酵素ドリンクを飲んだり、おかわりしましょう。(ヘタにお菓子に手を出してしまったりしないでくださいね!!)酵素ドリンクもお腹が空かないように、炭酸水で割ったりして、お腹が空かないよう工夫しましょう。

  

【3日断食】

3日間断食の場合は、デトックス効果が抜群です。体の毒素を確実に排出、リセットしてくれます。3種類のファスティングダイエットの中で、もっともデトックス効果が高いのがこの3日間断食です。 「ほんっっっとに痩せたい!!」方や「効果をちょっとでも実感したい」という方は3日間の断食をすることをおすすめします。

★3日断食の方法★

朝、昼、夜の3日間の食事を3食とも酵素ドリンクに置き換えます。

酵素ドリンクのみの生活を3日間続けるので結構しんどいかもしれません。が、しかし、3日間断食をすることで少なからずデトックス効果は大きいのでがんばりましょう。もしお腹が空きそうになったり、つらいときにはおかわりしても問題はありません。

以上、3つの方法をご紹介しましたが、この断食期間が終わったら、次は復食期間です。この期間もとっても大切なので断食期間が終わったら、必ず復食期間を取りましょう。

復食期間

断食期間を乗り越えたら、次は復食期間です。準備期間、断食期間をしっかり実践して、この復食期間を取らずに断食する前と同じような食生活に戻ってしまうとダイエットどころかリバウンドの可能性が大です。せっかくファスティングダイエットで成果を出すならここの期間をしっかり取り、ダイエットを成功させましょう。

【復食期間の日数】

復食期間も準備期間と同様、ファスティングをする期間と同じ日数取りましょう。

1日断食なら復食期間も1日、2日断食なら2日間といった感じです。例えば2日断食をして2日復食期間をとりますが、このとき復食期間を2日以上、3日でも4日でも期間を長くとったほうが効果は大きくなります。

【復食期間中の食事】

断食後は、体への吸収が普段より早く、大きく行われます。ということはつまり、栄養も毒素も、なんでも吸収しやすい状態になっているということです。この期間を上手く過ごさないと、ダイエットの効果もデトックスの効果もせっかく頑張ったのに台無しになっていまします。

復食期間中の食事としては、準備期間でも書いていますが、"まごはやさしい"食材を中心に、消化の良い食べ物を食べるようにします。このとき、朝だけ酵素ドリンクに置き換えて、昼と夜は"まごはやさしい"食材のご飯を食べるといったメニューでも良いですね。

★復食期間中、NGな食べ物★
  • ・アルコール類・コーヒー
  • ・天ぷらやから揚げなどの油料理
  • ・バター、チーズ、卵、塩分の強いもの
  • ・お菓子などの甘いもの
  • ・マヨネーズ・ドレッシング
  • ・肉類・魚類

上記のものを復食として口にするのはやめましょう。断食後にこれらを口にすることで最悪の場合、救急車で運ばれたり、一番最悪なケースだと死亡したといったケースがあるからです。ですので、復食期間中はまず胃と腸の活動をゆっくり戻していくようにし、NGな食べ物は避けましょう。

おすすめ記事

>>置き換えダイエット方法の詳しい内容も見てみる

>>酵素ドリンク総合ランキングを見る